読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サッカー分析・サッカー観戦旅

海外サッカー試合、練習、情報、旅情報。

まじで泣きそうになったinマドリード空港(反省編)

こんにちは。


マドリードで盗難に遭って、六日目。

マドリード空港で飛行機に乗れず、2時間後。

散々なマドリード。スペイン嫌いになりそう。笑


でも、ここは自己反省・自己分析。

日本とは違う海外での経験値。


Q、飛行機に乗れなかった僕はどうするべきだったか?


僕なりの考え、、、


A、チェックインの機械が読み込まず、チェックインカウンターの列に並ぶように係員に案内された時に、列に並ばずにバーーンっと直接チェックインカウンターに行くべきった。


です!


あの時、律儀に並ばなきゃよかった。



・なぜ僕は律儀に列に並んでいたか。


① 列を抜かしたら悪いかなと、

周りの目を気にしたところがあった。


②係員の指示に従っておけば、

大丈夫だろうと、他人に任せていた。


③トラブルに対して臨機応変に対応できなかった。


・日本人の特性が悪く出たと思える。

(東北大震災の時は、日本人が取り乱すことなく、秩序を守って列を作っていることが、海外から評価されたが。)


①周りの目を気にする。人と同じことをして安心する。人と違うことができない。


②言われたことはできるけど、言われたことしかできない。自分自身で考えられない。


③状況の変化に弱い。変化にすぐに対応できない。マニュアル通りにならこなせる。



外国人と比べて、日本人の国民性の悪い部分としてもよく言われるポイントだ。

日本サッカーでも悪いとよく言われるところである。


日本でなら、係員や仕事をしている人はお客さんにいい加減なことを言ったりすることはない。わからないことは、はっきりとわからないと言うし、確認する必要が有る場合は、少し待ってもらって、上司に確認に行く。

仕事をしている人間は、相手のことを考え、お客さんに対して親身になって対応するのが当たり前だ。


でもスペインでは、わからないことをいい加減に答えちゃうし、相手の気持ちを考えたりしない。

スペインで括ってしまうと、スペイン人全員がそうじゃない!と言われてしまうので、スペインのイベリア航空の人はひどかった。スペインでもしっかり対応してくれる人はしてくれる。


お客様は神様とか、相手の気持ちになって考えるとか、外国人は日本人のようにはできないのだろう。

「お客様は神様」は日本でしか通用しない文化であろう。

スペインでは、お客さんに対しても平気で、「アミーゴ!(友達!)」

なんて言ったりする。


だから海外へ行ったら、周りの外国人は個人主義(日本人的にはいい加減)が多いから自分のことは、自分がしっかり考えて行動しなきゃいけないと思っておいた方がいい。お店の人に任せておけば大丈夫なんてことはない。


まぁ、これは日本に居ても言えることではあるけど、日本の様にしっかり対応してくれるなんて思わない方がいい。海外では、みんな自分のことをよく考えているからだ。



そんなこんなを空港で反省しているうちに、あっという間に時は過ぎる。


今日泊まるホステルを予約して、

マドリード中心街へ。

ちなみにホステルの予約はいつも

「hostel world」のアプリで予約。

日本語あるし、見やすいし、安いし、行きあったりばったり弾丸の旅をする人にもオススメ。

ちなみに「ホステル」とは、ホテルより安く泊まれるところ。値段が安くなる分、4人部屋、8人部屋、16人部屋など、多ければ、40人部屋、100人部屋など、見ず知らずの人と同じ部屋で寝る。

一部屋の人数が少ないほど値段は高く、多いほど安い。

各部屋やフロアには、トイレ・シャワー・洗濯機もあるので、一通りの生活はできる。

ホテルの個人部屋と違った問題点は、

たまにイビキをかくモンスターが現れることである。笑

僕はイビキが大の苦手なので、いつも苦しめられる。いつもモンスターが現れたら、イヤフォンで音楽を聞きながら寝るのだが、この間は、2時間くらいし寝られなかった。


もう1つの問題点は、やはり盗難のリスク。

ロッカーがある場合は、鍵を閉めて利用する。ロッカーがない場合は、身体の近くに引っ付けて寝る。

僕はロッカーが有料の時は、そんな金払ってられるかー!って感じで、荷物を身体のすぐ近くに置いて寝ている。サイフは履いてるズボンのポケットに入れたまま寝る。泥棒きたら、そこは石川五右衛門ばりに目を覚まして退治してやる。

僕の真似はしないで、有料でもロッカーを使いましょう。

僕は万が一のトラブル込みでホステル生活を楽しんでいるので。笑


「ホステルに泊まってる。」

と言うと

「えっ⁉︎ホステス⁉︎」

とか言う人がたまにいるので説明致しました!


誰がホステスのところに泊まるんだよ!!



話が逸れましたが、空港からホステスに向かっている、、、

違うっ!自分で言っといて、言った矢先に間違えちゃった。


ホステスじゃないですよ。

ホステルに向かってるところでした。



地下鉄のホームに着いて、

iPhoneのミュージックをタップ!


♪メトロに乗って〜、ホステールへ行こう

ここはマドリ〜〜、僕がスラーーーれた街♪

(斉藤和義「メトロに乗って」替え歌させて頂きました。)

東京メトロのCMでかかってた歌ですよ!


ではまた!