読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サッカー分析・サッカー観戦旅

海外サッカー試合、練習、情報、旅情報。

マドリードで盗難に遭う⁉︎(3)

こんにちは。


マドリードで盗難に遭う⁉︎(2)の続き。


「家に泊めてあげるよ!」と声をかけてきた、見知らぬ二人の家に着いたところ。


ソファに座って、三人で喋っていた。

よく喋る方の男が、

「自分もサッカー選手を目指していたんだけど、交通事故に遭って怪我をしてしまってから、全然いいプレーができなくなって、ダメになってしまったんだよ。」

と言って、傷跡まで見せてくれた。

可哀想に大変だったんだなと感情移入してしまう僕。

サッカーが好きなだけで、気持ちが通じ合う、なんて思ってしまった。


そして、

もう一人の男が

「もう寝ていいよ。それともディスコに行く?」

と言った。

僕は「もう寝るよ。」と言ったが、

ディスコに行きたそうな二人。


もしもこの二人がいい奴らだったとしたら、三人でディスコに行って遊んで帰って、次の日バイバイして、またマドリード来る時には、連絡してよ!なんてなったら最高だなと思った。

それに、もし二人が本当にいい奴らだったら、信じない僕はなんか嫌なやつだなとも思えた。

このまま寝て無難に朝を迎えるのはつまらない。荷物を盗まれる可能性はあるにしても、楽しく遊んで無事に帰って来れるなら、それのほうが面白いなと思った。ワクワクと好奇心が勝ってしまう。安全より冒険を選んでしまう。

まぁ、裏切られてもいい!信じてみよう!


僕は、財布とiPhoneをポケット入れた。

んーーーーパスポートはどうしよう、持って行こうかな、いやいっか。


そして、二人に向かって言った

「confianza (信頼)」

二人も繰り返した

「confianza (信頼)」

僕はもう一度

「confianza 」

二人ももう一度

「confianza」


そして、僕はMacbookとパスポートの入ったリュックを見知らぬ男の家に置いて、外に出た。

もし逃げられそうになっても、この二人を取っ捕まえればいいやと思いながら、歩いていた。

10分ほど歩いてディスコに着いた。


下のフロアに行ったり、外にタバコを吸いに行ったり出たり入ったりを繰り返していた。

その間に、彼らは友達と会って話をしたりしていた。

二人に逃げられないよう、常に視線を外さないように。

10分ほど経って、

よく喋る方の男が、友達だよと言って、ブラジル人の女性を紹介して来た。そのブラジル人女性は、僕にハグをして、そのまま話しかけてきた。

その瞬間、ヤバイっ!

目を離した!と思って、二人の姿を探した。

いないっ!!

ディスコの外に出て探してもいない!

そこに男たちの友だちがいたので、二人はどこにいる?と聞いてみた。


「タクシーに乗ってどこかへ行ったよ。」


最悪最悪最悪最悪。

やられた。


「二人の家に、リュックを置いてきたんだ!Macbookが入っていて、大事なんだ!」

とその友達にいった。

その友達は、よく喋る方の男に電話してくれたが出ない。「きっと家に帰ったんだよ。家を知ってるから案内するよ。」

と言って案内し始めてくれた。


ほぼ諦めながら、歩いた。

この友達二人が、本当にリュックがある家まで、送り届けてくれればまだ取り返せる可能性はあるかもしれないが。


そして、その家の下に着いた。本当にこの家か定かではない。なんとなくあってるような合ってないような。

インターフォンを押すが結局出ない。

その友だちたちも帰ってしまった。

このまま家の前で待つか、

いやすぐに警察に行った方がいいなと思い、

すぐ近くにる最初に立ち寄った24時間のスーパーに警察の場所を聞きに行った。

そして、そこにいた警備員のおじさんに全て話した。

二人の男の名前を言うと、警備員のおじさんは「カルテティスタ」と言った。


カルテティスタってなにかと言うと




スリです。笑


はい!確定!!やっぱりあの男二人スリでした。


リュック丸ごとやられました。

買って一ヶ月のMacbook、パスポートやられました。


もう最悪最悪最悪でした。

イライラと絶望感。

人に騙される、人に物を盗まれる、

ってこういうことかと。

自分が大事にしているものが盗まれるってこんな気持かと。

そして、リュック一つで日本からやってきた僕はたった5日目で、着替えも生活用品も全て失いました。

着てる服と靴と財布とiPhoneだけで、マドリードにいることになりました。笑

財布とiPhoneがあるだけ救いですが。


絶望の中、マドリードの夜中4時、歩いて警察に向かうのでした。

なんて自分は、バカなんだろう。

見知らぬ人に付いていって、信じて、騙されるなんて。浮かれていた。完璧に浮かれていた。