読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サッカー分析・サッカー観戦旅

海外サッカー試合、練習、情報、旅情報。

マドリードで盗難に遭う⁉︎(2)

こんにちは。


マドリードで盗難に遭う⁉︎」の続き。


僕のマックブックが、狙われてる予感がしてきたところ。

二人が、「クラブに行こう!フィエスタ(パーティー・お祭り)だ!」

言い始めた。

マドリードでクラブに行ったことがなかったので、軽く見てみるくらいならいいかなと思い、一緒にいくことした。リュックは、絶対に身体から離さないぞと思いながら。


スーパーを出て歩き出したら、

「リュック邪魔だろう?うちに置いておいた方がいいよ!充電もできるし!」

と二人がまた言い始めた。

それは絶対できないだろうと思っていたら、

家の鍵を見せて

「うちはすぐそこだから行こう!」

と一人の男が言った。


本当は家なんか持っていないだろうと思い、家だけでも見てみようと玄関まで行ったら、

男の持っている鍵で玄関が開いた。 

この鍵はどうやら本物のようだ。

すると男が、

「家族が寝てるから、リュックは僕が置いてるくるよ!」

言った。


無理無理!!絶対にそんなの無理!

と思ったので、そのまま玄関を出て、二人に別れを告げて、離れようとした。

「君たちのこと信じられない。荷物を置いて、クラブに行って、気がついたら君たちは姿を消して、僕の荷物を売るんだろう!

僕は分かってる!」


そして、彼らと離れて歩き始めた。

10メートルくらい離れた時、一人が追いかけてきて、

「僕たちを信じてよ!分かった!クラブには行かない!外は寒いし、雨が降ってるし、家で寝ていきなよ!彼は一人暮らしだし、入っても問題ないから、彼の家に行こう!」

と言われ、もう一人の男の家に連れて行こうとする。

いい奴なんだか、悪い奴なんなだか、きっと悪い奴なんだろうけど。


また、家だけでも見ていいかなと思い、付いて行った。

1分ほどで着いた。


マンションの玄関を開けて入る。住所の番地は、12番だった。

エレベーターに乗って、4階。

部屋の鍵も開けて家の中へ。

こちらの家もどうやら本物のようである。

家に入ったら、ボコボコにされるんじゃないかと、警戒しながらリビングまで来た。

そして、三人でソファに座った。

また一人の男が

「ほら!本当でしょう⁉︎安心して!ここで寝ていいから!外は寒いし雨が降ってるし、よくないよ!」


家も本当だし、なにもされないし、本当にこの二人はいい奴なのか⁉︎

部屋に入って、ふっと落ち着いて、警戒心が薄れたのは間違いなかった。