読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サッカー分析・サッカー観戦旅

海外サッカー試合、練習、情報、旅情報。

ホステル到着から就寝

こんにちは。

 

universitat駅からミュンヘン中央駅までは、乗り換えて、15−20分。

ミュンヘン中央駅を出て徒歩3分、僕が好きなホステル「yaegers hostel」に到着。

前回ミュンヘンに来た時も、ここ。値段も大抵ミュンヘンで一番安く、居心地がいい。

 

ロビーは広く、コンセントやWIFIも使えるので、いつも誰かしらがくつろいでいます。夜には、人がわんさか。

 

ロビーにいたのですが、あれっ?

可愛い格好をしている女の子がたくさんいるではないですか!!

昔の民族衣装のような、ワンピース。

この衣装が、とってもかわうぃ〜〜のです。

 

何十人もの男女が、ホステルを出たり入ったり。

倍くらい女性の方が多い。

時折、フラフラしてる酔っ払いる。

これは、お祭りだなと思い、見に行こうかと思ったんですが、外は強い雨が降ったり止んだり、一歩も外に出てたくないほどの寒さなので断念。

 

オクトーバーフェストの春版がやっていたようです。

オクトーバーフェストは、9月19日から10月4日まで続く、ミュンヘンで毎年の世界最大規模のビール祭り。

 

そして、カワイイ民族衣装の正体は、

地元バイエルン州の人々が着る、バイエルンの民族衣装、

ディアンドル

というエプロン付きのワンピース。

ディアンドルの下に、ブラウス。

 

そして驚いたことに、

エプロンの結び目の位置に、

女性からのメッセージが込められているようです。

左は、恋人なし。(募集中的な)

右は、恋人あり。(リア充アピール的な)

真ん中は、どちらでもない、よくわからない。

、、、だそうです。

そんなわけで、ミュンヘン到着早々に、文化に触れることができました。

 

そして、15:30からは、バイエルンミュンヘンVSヘルタベルリンしっかり観戦しました。ヘルタベルリンは、破れはしたものの、リーグ4位につけていたというだっけあって、選手一人一人がやれることをしっかりとやり、まとまりもあり、いい状態であるなと感じました。

その後は、ゆっくりと過ごし、40個のベットがあるドミトリーに入り、自分の寝床に向かったのですが、

自分のベットはあれかなと思っていたところ、あるベットに視線が集まってるではないですか。

そのベットには、男女が二人寝ている。

ん?

ウソだろ?

もしかして、

愛し合ってる??(笑)

 

んなわけないだろうと、自分のベットにたどり着いて、

もう一度見てみると、

間違いない?

 

そして、思わず隣のベットの外国人と目が合い、

「だよね?」

「そう。間違いない。」

ということに。

 

なかなかの衝撃!!

一部屋に40のベットがあるドミトリーで、公開で愛し合うなんて。

さすが外国。こりゃ驚いた。

 

驚いて、驚いて、驚いたわけですが、

十分に驚いた後は、30時間の移動の疲れを癒すべく、

早々に眠りについたのでした。